保育内容

 

志津保育園の保育

志津保育園の保育
 
「子どもひとりひとり」を大切にする。
 
 保育園は、大勢の子どもを、少数の大人で育てる場です。
 0歳児なら3対1、5歳児なら30対1と、国の基準で定められています。
 そのような状況で、良く起こりがちなことは、大人の都合で子どもを動かしてしまうことです。
 
 子どもにはひとりひとりに、それぞれ違う生活リズムがあり、発達の段階があり、興味関心があり、その日その時の気分があります。
 しかし、「今日はこれで遊びます」「みんなで一緒に」など、大人が指導的に子どもに指示をする一斉保育が、これまでの日本では行われてきました。
 当園では、子どもの本当のしあわせのために、“環境を通した働きかけにより、子どもの主体性を育む”という保育の原点に立ち返り、子ども自身が主人公となるような関わりを最も大切にしています。
 
 
 
 
遊びを最も大事にする。
遊びを通した教育を行う。
 
 保育園も、教育を行う施設です。
 ただし、“幼児期における教育”とは、“学校教育”とは別物です。
 教育というと、学校で行われるような授業を想像してしまいがちですが、そのような“教える大人”と”教えられる子ども”の関係は、幼児期にはふさわしくありません。
 また、「小学校で困らないように……」と、小学校で習う内容を先取りするような早期教育は、長い目で見ると全く意味がありません。
 自然とのかかわりや友だちとのやりとり、自分の興味のある遊びをじっくりとやりこむことが、幼児期における教育です。
 志津保育園では、物的環境、時間的環境、人的環境など様々な環境を通した、子ども主体の遊びにより、幼児期にしかできない教育を行っています。
 

特別指導について

特別指導について
 
さまざまな体験を通じて豊かな人間性をはぐくみます。
 
当園は、特色あふれる課外教室により、幼児期から各分野への興味・関心を伸ばします。
 
保育園は、子どもにとって、様々な人間に出会う場でもあります。普段の担任とは違うひとと出会うことで、子どもの世界観を広げていきます。
あくまで経験を広げるためで、例えば、英語が話せるようになってほしいわけではありません。「外国人」「外国語」という存在に子どものころから親しむことが、様々な価値観に寛容な人間性を育むことにつながると位置づけています。
 

〈特別指導〉 専門の各先生から月一度ご指導を受けています。

〈特別指導〉 専門の各先生から月一度ご指導を受けています。
  【英語】Eタイム adam先生、藤代真美先生(セイハ英語学院)
  【音楽】ドレミタイム 杉本圭先生(関西幼児音楽協会)
  【体育】あおそらタイム 吉山岳行先生(フレンズスポーツクラブ)
  【美術】アトリエタイム 笹山幸徳先生(兵庫教育大学名誉教授・環太平洋大学元教授)
  【科学】サイエンスタイム 中島和美先生、山下恵美先生(学研)
<<社会福祉法人 志津保育園>> 〒525-0041 滋賀県草津市青地町946番地 TEL:077-564-3611 FAX:077-564-4436